日帰りバスツアーで充実した週末を過ごそう

マナーを守って気持ちよく

基本のルールはどこでも必須

バスツアーには、自分や自分の家族、友人以外にも参加している他人がいます。
関わりを持たなくても問題ありませんが、少しでも接触する際には、お互いに気遣い、嫌な思いをせずに過ごせたら良いですよね。
快適な人間関係の中で過ごすために、重要なポイントをいくつかご紹介しましょう。

ここでは、社会で生きていくためには当たり前のことを紹介します。
それは「時間を守ること」と「挨拶」です。
集合時間を守ることはバスツアーがスケジュール通りに進行されるために必要な事柄です。
また、最初の挨拶を気持ちよく交わすことで、良い雰囲気が生まれ、ツアー全体が楽しくなるでしょう。

このように、当たり前のルールを今一度確認し、しっかりと守ることで、嫌な思いをすることなく、ツアーを終えることができると思います。
他の人と一緒に旅行することがバスツアーならではのことなので、一緒にいることがプラスになるような良い人間関係を築けたら良いですね。

ちょっとした声がけで気持ちの良い関係に

基本的事項だけではなく、ちょっとした他人への配慮がバスツアーをよりよくする場合もあるでしょう。
ここでは、場面ごとにできたら良い声がけの例をご紹介しましょう。

一つ目の場面は「バスの中」です。
バスの中では限られた空間で過ごさなければなりません。
例えば、バスの座席を少し倒したいとき、何も言わずに倒すよりも、「少し倒しても良いですか?」と後ろの人に聞けたら良いですよね。
飛行機でも同じようなトラブルが起きますが、このような声かけで乗客同士のトラブルを防ぐことができます。

二つ目の場面は「食事」です。
ツアーの中には一人で参加している人がいるかも知れません。
他の人が家族や友人といる中、一人で食べるのはなんとなく寂しいでしょう。
ぜひ、そのような方がいたら「一緒にどうですか」など声かけをしてみたらどうでしょうか?
急に打ち解けて、良い雰囲気が作れるかも知れません。

気配りをして、ハッピーに過ごせると良いですね。


この記事をシェアする